水中撮影(その1)

 とりあえず、失敗の記事の近い処で
書いとかないと..
 え~と、デジカメ履歴のところで、
TZ-7を、やりたいことがあるので購入と
書きましたが、やりたいことというのは、
ものの見事に失敗した、大瀬崎での水中撮影

そこに向けてカメラ以外に何を準備してたか
というと、まずはサンダル。
これは正解。
足元わかんないんで、貝殻とかガラスとかで
足切ったらやだな~って準備したら、
まさかの大瀬崎は足元が丸石。
グリップ効いて助かりました。
20170414ツール01
TZ7は中古だけど、まあ綺麗なもんです。
20170414ツール02
で、流石に壊れてもいいように中古を買ったとはいえ
そのまま水中には突っ込まない。
とはいえ、水中ハウジングなんて何万もするのを
たまの遊びで購入できるわけもなし。
物色して購入したのがこちら。
防水ケースDicapac
20170414ツール03
水中撮影と言っても、泳ぐわけでなく
半ズボンで行けるところに、前かがみになって
カメラを突っ込むだけ。
だもんで、防水は全然問題ないが
-海面から液晶が..ケースが反射して見えない
-ケースが予想より厚いので..レーバーが操作できない
-レンズとケースのレンズがあってない..
  ので撮ってみたら、レンズのケース撮ってる

なんかこんなんだったら、ビニール袋でよかったかな~
でも、レンズのところで確実に張っとかないと。
ということで、これは2度と出番が無いでしょう。

いつになるか判りませんがその2に続きます。
※TZ3を入れてますが、TZ7でも一緒です。
20170414ツール04
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

スポンサーサイト

 | ホーム |