プロフィール

三島の苔丸

Author:三島の苔丸
静岡県は三島より、自転車の記録及び書籍や音楽・映画等の記録を、お送りします。
先達のコース記録で色々勉強させてもらっているので、私もなるべくコースの感覚などを伝えられればと思います。


最新記事


月別アーカイブ


('09/9/11)から訪れてくれた方々


直近読了


まとめ

自転車ツール(その42)

 え~っと、半年前、
ウェアのファスナーが外れてドライバーで
キコキコ
した話を書きましたが、
 今回もまたとれた。
20170717ツール01
 で、同じくキコキコやってたら

....ファスナー壊れました。
 しょうがない買い直すか。
みなさんウェアってどのくらいで交換するんですかね?
私は、これ4年間かな?その前のは10年ぐらい使ってた。
(そいつは青なので、まだ着れるけど、今一着る気が
おきない)
別に破けないからというのもあるんだが、
色使いがさ~派手な黄色、オレンジ、赤、とか
そんなんしか選択肢がないから、この茶色貴重だった
というのがあるんだが、
(いややっぱ輪行多いのでね..派手なのは)

amazonで物色しても、似た様な色ばっか。
前回買ったこのメーカーのも同じ色は無いし..
スポーツ用品店行けばもう少し別の色使いのあるのかな~
20170717ツール02
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ



スポンサーサイト

自転車ツール(その41)

 ググるとバイクパッキングなるものが
ここ数年のキーワードがあるようだが、
 こちらは似てあらざるものだな~
なんせ容量が、バイクパッキングのじゃ全然足りん..

しかし20~40Lってイベラのリアトランクに、
リクセンのマッチバックの容量じゃん。
これで1泊2日の小旅行って書かれた記事が
あるが、本当かよ。
イベラのだってキャリアはサドルつけタイプだから
簡単に外れるんだが..昔からあるスタイル
の様な気もするが、う~ん何が違うんだろう。

 ランドナーは60Lとのことだが、
おお、このシステムはマッチバックと足せば
ほぼ同じ容量だ。

 まあ普通はいかに荷物を減らすかが
ポイントなんだろうな~、こっちはどんどん増えてるし..
-----------
 その40の続きです。

何が不満かというと、
さすがにこれで固定レベルがゆるいってことは
無いとは思うんだが、やっぱサイズがぴったり
じゃないのでバックが変形する。
20170714ツール01
三脚なんだが、計算上はバックの対角線の長さは50cmで
実際は内径上は47cmで、三脚の長さ46cmなので
斜めおきすれば問題ないでしょ?
と思うんだが、そうはいかない。
三脚自体も幅があるし、雲台やハンドルなどもある。
そうすると厳しい。
それでも、この写真はいい加減だが、
グッと入れれば(変形してくれるので)入れることが可能。

..そう変形して可能ということ。
つまり棚で両脇をおさえてしまうと無理..
20170714ツール02
で、余りはこれ1個なので、固定に使うと、
空間作成用がない。
でも製品名もわかんないし、買ったの大分前だし
駄目もとでホームセンターなどを巡ったがやっぱなし
そしたらAmazonであった、というかAmazonで前回も
買ったみたいだ。こんなのもAmazonで買ってたのか..

パール金属 キッチンストレージミニH-7825
幅:41.5 奥行:12.5 高さ:17

とはいえ、これはポチらず。
よく考えたら同じ大きさじゃ内と外に使えないよな~っと。

実はホームセンターに行った時も探してたのは別。
よくこの手の棚って、幅を調整できるスライドタイプが
あるじゃないですか、
それを使えば一気に問題解決するかな~っと
ただ、大きいやつなら普通にあると思うが
小型タイプでわざわざスライド式があるか..
ホームセンターでは当然みつからず。

検索を駆使して、Amazonで、やっと使えるサイズを
3つみつけた。

続きを読む »

自転車ツール(その40)

 その39の続きです。

 さてと、とりあえずつけられそうとなったが
形を崩したくないものを扱うのどうしようか..
 で、部屋の中を見渡すと、使ってなかった
こいつが目についた。
 さて、これは何でしょう~
20170713ツール01
 ...すんません、部屋の中では上記の形で
転がってたんで..
 本来の形はこう、
 そう、台所などの小物を置く金属棚。
 これで台所を整理しようと購入したが、
(多分)模様替えで、余ってしまって転がってた。
20170713ツール02
これをPDXの中に入れると、
お~この台の下に、形を崩したくないものを入れるとか
ワイヤーを寝かせて、不要な高さをカットして
ガッチリ固定することができるのでは?
20170713ツール03

続きを読む »


 | ホーム |  次のページ»»