プロフィール

三島の苔丸

Author:三島の苔丸
静岡県は三島より、自転車の記録及び書籍や音楽・映画等の記録を、お送りします。
先達のコース記録で色々勉強させてもらっているので、私もなるべくコースの感覚などを伝えられればと思います。


最新記事


月別アーカイブ


('09/9/11)から訪れてくれた方々


直近読了


まとめ

カメラクイックリリース

 ネタは溜まるは、なかなか書き進めないは
..え~い、ふんぎりをつけて、GWネタ再開するか。
 とはいえ、GWに向けても準備したツールがあるんだが
書いても、出番が来る時は忘れられてるな..
 ということで、すぐ使った1つだけまずは先行して。
(まあ、別件で7月に登場済み、まさか年越すとは..)

 う~ん、どのカテゴリにすべきか
迷ったが、まあカメラ関連だろう。
 ネタとしては、タイトルの通りなんだが、
これまでGWに限らず、自転車を降りて滝とか、含めて
散策するのにキツイな~っと思ったのが、カメラの扱い。
 カメラを首にぶら下げて歩くと、
山道ではブランブランするし首は重いはで
ストレスになるし、
かといってカゴに入れても、
カゴは重いは、取り出しストレスだは..
 これをなんとかしないと、いい加減やんなる。

 なんかないかな~と適当にググると良さげなのが、
こういのうは、スタートアップででてくるので、
またもアメリカだ..しかし高いぞ。
 で、こういうのは直ぐに安いパチモンが、
これも当然、またもお中華。
PeakDesignの正規品が1万円を超えてた(記憶では)
こちらのノーブランド品は2千円台。
※PeakDesignの日本代理店はこちらかな
20180121ツール01
ただレビューでボルトが短いだ、なんだ書かれてたので
ボルトだけ正規品を購入、これが1200..高け~よ。
まあでも、長さはご覧の通りで、確かに大分違う。
20180121ツール02 20180121ツール03
で、これをGW用に購入したドイターのディバック
着けるんだが、
この写真を撮った時はまだ届いてなかったので
別口のディバックに。
 ボルトを合わせて購入して正解、お中華のボルトじゃ
締めきれなかった。
 んで、着脱式のプレートをカメラの三脚穴に固定。
20180121ツール05 20180121ツール04
っと、バックにこんな感じで、カメラがバックに付くので
手で持ったり、首にぶら下げる必要が無くなる。
 これで、ストレスが一つ減った。
20180121ツール06
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

スポンサーサイト

画角(その5)

 その4の続きで、
とりあえずこのシリーズはここで一旦。

 え~っとその4では、アクションカメラを
三脚+自撮り棒に使用しましたが、、
 実は前日(つまり、今途中中断してる
御殿場方面の桜)にLX100を試してた。
 まあ、だからここに強引にツール記事として
挟んだんだが。

 FZ300はレンズが重くて無理だろうけど、
LX100ならなんとかなるかな~っと。
 撮影場所はここ、丁度桜並木が
続いてるので、いい感じに撮れないかな~と
20170927ツール01
相変わらず事前に練習なしの
現地で一発勝負。

...駄目だった、やっぱLX100重いわ。
重心の問題もあって、とてもじゃないが無理。
頑張ってできたのがこの程度。
 三脚+自撮り棒縮退×2
だから、せいぜい2.4m
 ..それよりも下げたかも知んない。
いや、ふら付いて倒れそうなんで、
自撮り棒の継ぎ目を片手で押えながら
もう片方の手でipadでシャッターを切る
という状況で、組み立ててる様子を
写す余裕なし。

 重さは軽いと言っても結構違う
SJ7000:60g
LX100:400g
FZ300:700g
 今の単に自撮り棒をジョイントするだけでは
強度的に、とても安心して手を放すことは不可能。
 前に、そもそもの予定の水中撮影でも
この連結部はちょっと厳しい
という結果。

 その4でもしなってたように、60gのアクションカメラでも
単純ジョイントは不安なので、
 水中撮影含めて、そこが課題という結論。
20170927ツール02
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

画角(その4)

 その3の続きですが、
内容はもう画角でないです..

 で、自撮り棒+ipadで思いついたのが
つなぎ合わせれば、ドローンの代わりに
ならないかな~っと。
 ルミカのBirodでもそういう言い方してるよね。
 あんなものは持ち歩けないので、
三脚+自撮り棒なら持ち歩けるんじゃっと考えた。
 またも絵図らはその2と同じです、
この時、どんだけ機材持ち歩いて写真撮影
してたんだか..
カメラはアクションカメラで、
まずは三脚のみ、エレベータなしで
だいたい1.2mちょっとかな。
それに、自撮り棒を縮退した状態で一本。
自撮り棒は縮退で60cmなので、
合わせると1.8mぐらい。
20170926ツール01 20170926ツール03
.1.2m(その3の再掲)
20170925ツール01
1.8m
手摺が画面の端に来て、
歪んでいるのがよくわかる..
20170926ツール02

以下、おバカな実験に興味がある方のみどうぞ。

続きを読む »


 | ホーム |  次のページ»»