プロフィール

三島の苔丸

Author:三島の苔丸
静岡県は三島より、自転車の記録及び書籍や音楽・映画等の記録を、お送りします。
先達のコース記録で色々勉強させてもらっているので、私もなるべくコースの感覚などを伝えられればと思います。


最新記事


月別アーカイブ


('09/9/11)から訪れてくれた方々


直近読了


まとめ

自転車ツール(その43)

 夜中に目が覚めた時、
オリオンが普通に見えてたな~
 GPVの予報じゃその時間曇りだったんだが
判断誤ったかな~
 ということで、今日はメンテ。

 タイヤがどうもズリズリするので
いつもの様に原サイクルさんへ。
 どういうタイヤにするかはおまかせなんだが、
仕入れが変わったらしく、
今いれてるのは、今までのより少し安いか、
チョット高いのかどっちかからの選択。

 一応見栄をはって(笑)、まずは高い方を見たんだが
中央に溝が無くて、側面に溝があるタイプ。
 メーカーいわく、これまでよりも対パンク性能を
向上したんだとか。
 で、安い方は..アレ?少し安くなったけど
溝は深くなってないか?
20170930ツール01
 これまでのはこいつ
まあリンクをクリックする人も無いだろうから再掲。
20161025ツール02
 舗装路以外も走るしな~こっちの方がいいや。
前後輪・ついでにチューブも交換。
 それと、サドルも交換(写真無し)。
いや~サドルのクッションが剥がれてしまって
ボンドで何回か付けたんだが、
駄目だお尻の負荷は想像以上らしく
剥がれてしまう..交換。
 今シーズンンは全然乗れてないが、
せっかく代えたんだから乗らないと..
20170930ツール02
にほんブログ村 三島情報
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

スポンサーサイト

自転車ツール(その35)

 え~先週末、1号機は原サイクルさんに
メンテに出してましたが戻ってきた。
 
 今回はパーツ交換、
まずはコントロールレバー、経年劣化で
ブレーキが戻らなくなった。
 調整してもらってだましだましきたけどね。
シマノ:ST-R3000
 こけて傷とかついてたが、新品で
バーエンドも貼り直してもらってスッキリ。
ワイヤー類も取り替えてもらって、
ブレーキは..ちと硬いか、まあ慣れるだろう。
20170524ツール01
あと、ホイールも輪行でタイヤの取り外し時に
回すと、歪んで回ってるのが判る状況。
こっちもテンションとか調整してもらって
ダマシダマシ使ってきたがもう限界
ということで交換
シマノ:WH-R501
やっぱブレーキ部分がまだ光ってるね新品は。
20170524ツール02
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ

自転車ツール(その33)

 え~、また記事の切り替えが中途半端に
なりそうなので、中途半端なツールネタ挟みます。

 予想以上に初詣が続いてしまいましたが、
東京編の最初で、2号機が久々と書きましたが、
なんで、久々となったかなんですが、
 そのしょうもない理由..

空気入れのアタッチメントが無くなったから..

1号機はスポーツ車の一般的な仏式、
2号機はママチャリでお馴染みの英式
そうすると空気入れの口金が違う。
その差は、アタッチメントを付け替えて対応するわけですが、
英式用のがいつのまにか紛失してしまい..
いつ紛失したかなんて記憶が無い
2015の熱海の初詣が歩き..ってどう考えても
このコースは2号機の出番なんで、
この時点で紛失してるのは確実..

普段使うのは、この写真の様に、仏式なんで
それが着けぱなし。
英式のは、当初は鎖で繋がってたんだが、
購入して割とすぐに鎖が切れて、クリップをレバーに挟んでた。
20170120ツール01
しかし、今年の初詣はコース的にどうしても2号機で無いと無理。
で、年末ホームセンターでゴソゴソ。
アタッチメントだけでも売ってるらしいことがわかって
購入したんだが..ダメダメ、スカスカで空気漏れる。
20170120ツール02 20170120ツール03
う~ん、これだけの為に空気入れを2つを持つ気には
なれない、スペースの問題もあるしね。
で、最後の頼みの綱、原サイクルに電話すると、
Panaの空気入れなら予備があるかもしれないが
空気入れごとに仕様が違う可能性がるので合う保証は無い
..ということで、空気入れを持参して確認。
無事、使えることがわかり購入させてもらいました。
※私のは古いのでパッキンが取り替えられる仕様ですが
 今出てるモデルはパッキンが取り替えられない仕様。
20170120ツール04 20170120ツール05
で、その時に流石プロはそういうところに気付くんだな、
っと思ったのが、こちら。虫ゴム。
3年も乗ってないなら、劣化してる可能性が高いので
取り替えたほうがいいとの指摘(持たせてくれたのが左の写真)。
空気を入れる前に確認すると、前輪(左)は大丈夫だったんだが
後輪(右)はものの見事に切れてました。
20170120ツール06 20170120ツール07
無事入れ終わった後、ホームセンターとの比較をすると
口金の径、随分違うねっと
まあ、左のは空気入れのパイプに装着するやつだからな、
っと思ったんだが。
20170120ツール10
ん?写真をご覧の方は気づきましたね、
アタッチメントはホームセンターで購入したクリップ部分と
同じでないのと?
ハイ、その通りです、径も一緒ですね。
(左が原サイクル購入品、右がホームセンター)
念のため、ホームセンターのクリップをセットしても
空気抜けることなくいれられました..
少なくとも私の空気入れは、次回無くしたら
こいつで代用することも可能ということが判りました..
(まあ原サイクルでは、このアタッチメントの在庫用意しとく
といってくれてたので、そっちの方がアタッチメントだけ
購入で安上がりですが)

前回乗った時が、確かタイヤやチューブ交換を
した直後だったと思うので、
乗らない(かつ空気抜けたペチャンコ放置)での
ダメージ+経年劣化をタイヤやチューブは気にしては
いたんだが、虫ゴムは単にセットされてるんで、
乗ってないなら経年劣化だけだからと
(しかも空気抜けてりゃ、チューブからの圧力も無いし)
意識にものぼっていなかったことを考えると

○空気を入れる直後は問題なし、
○一晩とかたってから空気が抜けて..
○走行中に徐々に抜けて..とかなって、トラブルループで
(しかも1月2日の朝なんてお店やってないしね)
虫ゴムに気付けた確率は低そうだったことを考えると
やっぱ相談して正解ということで。

※ちなみに、年末に空気を入れて3週間たってますが、
 空気抜けてないので、チューブは問題なし。
 確かチューブが、前に書いた重量重視の抜けやすい
 やつでなく、抜けにくい素材のに、
 2013年のこの記事書いた時に代えてるはず
 一般的なのって書いてるのが、多分それ。
 って、この2013年の記事、ツーリングカテゴリでなくて
 ツールのカテゴリに入れとく内容だよな..

 一応ツールの記事をチェックして、この辺のこと
記事してなかったかな、と探しはしたんだ。
 まさかツーリング記事に書いてるとは憶えてなかった。

 しかもこの記事をアタッチメントごそごそやってる時に
チェックしてたら、英式のアタッチメントが同じもので
ある可能性が頭にのぼったはず..
 アタッチメント写真付きで記事書いてるし..
(少なくとも、このクリップを原サイクルに
 問い合わせる前に使えるか確認してた..)
 まあ、虫ゴム問題は上記の通りなので、
この記事気付かなかったのも正解..
20170120ツール08 20170120ツール09
にほんブログ村 三島情報
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ


 | ホーム |  次のページ»»