久々の静岡中部の行先はまたも(その15)

 その14の続きでラスト。

千本松はね~blogで単語は出てきてるけど
訪問は本当久々、記録を調べると
2008/4だ、っでこの時は何故か身延線の入山瀬まで
輪行して帰りに通ったらしい。
なんで入山瀬で輪行したのか全然記憶が無い。
どうやら時期的に潤井川の桜っぽいけど、
やっぱblogとかで記録残してくのは重要だな。
久々だが、青空じゃない..
20150523炭焼平山線205
砂浜もね~ダムとか色々難しいね。
20150523炭焼平山線206 20150523炭焼平山線207

続きを読む »

スポンサーサイト

久々の静岡中部の行先はまたも(その14)

 なんつうか、天気予報、昨夜の予報では
朝から雨だった。確かに起きた時は、相当のどんより。
でも降ってなかった。
ところが9時くらいには陽射しはでるし
10時過ぎに出かけたら、富士山はっきり。
雲は多いと言っても青空7割、これって晴れって言うんじゃ..

色々ぶった切ってすいません、その13の続きです。

う~ん逡巡して、結局吉原輪行はパスして
自走で帰ることに、とりあえず旧東海道を引き続き。
ここの踏切には苦い思い出が..ガーミンのマウントが
ここの振動で外れて破損。
本体は大丈夫だったがマウントが壊れてえらい散財..
20150523炭焼平山線189 20150523炭焼平山線188
いや~しかし久々、当然blogでも始めてだし、
どこで海に出るかポイントを忘れた..
20150523炭焼平山線190 20150523炭焼平山線191

続きを読む »

久々の静岡中部の行先はまたも(その13)

 その12の続きです。

富士方面にたらたらと、ん?
芝川溶岩柱状節理、あれでもここ富士川だよな
芝川ってどういうこと。
20150523炭焼平山線171
柱状節理の説明はっと、芝川溶岩流がもとと。
どうやらぐぐった感じだと、芝川を流れた溶岩流で
紀元前15000..さっきの釜口侠での感じもそうらしい。
これを見ると猪之頭にも溶岩流があるらしい。
グラフしか見てないけど、随分と富士山噴火してるね。
こんだけ堆積物があるってことは。
20150523炭焼平山線172
まあ、どっちにしろ、100mとはいえ
こんな坂、今日は登れません。
20150523炭焼平山線173

続きを読む »


 | ホーム |  次のページ»»