プロフィール

三島の苔丸

Author:三島の苔丸
静岡県は三島より、自転車の記録及び書籍や音楽・映画等の記録を、お送りします。
先達のコース記録で色々勉強させてもらっているので、私もなるべくコースの感覚などを伝えられればと思います。


最新記事


月別アーカイブ


('09/9/11)から訪れてくれた方々


直近読了


まとめ

久々の2号機で小田原ポタ(その6)

 ふ~なんとかこの記事は年を越さずに済んだ。
というわけで、その5の続きでラスト。

 富士山は曇って来たかな?
20131214小田原50
 なんか立派、表見ても地図見ても何だか良く判らない。
20131214小田原51
 土俵?雷電爲右エ門の仇討相撲土俵跡だそうで、
談志師匠の阿武松で、横綱でなく紹介されてる
以外よく知らないんだが(名前は有名だけどね)
Wikiを見るととんでもない勝率(.962)
20131214小田原53 20131214小田原52

続きを読む »

スポンサーサイト

久々の2号機で小田原ポタ(その5)

 その4の続きです。

 予想通り、何も聞こえない。一瞬気おくれして
本堂の扉を開けて、ずらりと壮観。
20131214小田原38
 左手の方々
20131214小田原39
 右手の方々
20131214小田原41

続きを読む »

久々の2号機で小田原ポタ(その4)

 その3の続きです。

 さて線路を渡ると、なんか立派なのが
目についた。こういうのって近所にあると
逆に目がいかないよね~
ポタっと意識してるからでしょね~
20131214小田原30 20131214小田原29

 イチョウの方に眼をやると、カルガモが
落ち葉に埋もれてる。引っ切り無しに潜ってるけど
何を食べてるんだ?
20131214小田原31 20131214小田原32

 井細田八幡神社は、道に対して平行で
道側は開けてるタイプなので、そのままだと、クスノキとかも
立派さが目につきにくいんだけど、正面から見ると
本当、地域の鎮守さんって感じで立派。
20131214小田原33 20131214小田原34

 ここは、五百羅漢(玉宝寺)
20131214小田原35

実は、blog休眠中の2010/7に来てはいるんですよね~
その時は、足柄エリア初めてで、小田原から最乗寺経由で
谷峨の辺りは246使って御殿場側周って帰ったんだけど、
そのルートは今後も出てきません(多分)。
理由は登り返しと暑さで小山町あたりで死んだから..
 で、何で再訪したか?
 blogに出てないからではありません。
(まあ2割ぐらいはあるけど)
その時は朝の6時過ぎだったかな?
近所の皆さんが朝のおつとめ?状態で、本堂の窓は
開いていたけど、本堂の扉は閉まっていたし、
その状態で、お邪魔して大丈夫なのか?
本堂の扉を開ける勇気がありませんでした。

 今日は買い物ついでなので、時間的に
バッッティングはしないはず。
 たぶん大丈夫。
20131214小田原37 20131214小田原36

 というところで続きます。
にほんブログ村 ツーリング

 | ホーム |  次のページ»»